テサランには2つの有効成分の他に、7つの天然エキス成分を配合しています。

「天然エキスだから安全でしょ」って、思いますが実際はどうなのでしょうか?

そこで今回はテサランの7つの天然エキスを深く掘り下げてみたいと思います。

7つの天然エキス成分は何が入っているの?

テサランには以下の7つの天然エキスが配合されています。

・ツボクサエキス
・オウゴンエキス
・イタドリエキス
・カキタンニン
・チャ葉エキス
・カンゾウエキス
・天然ビタミンE

 

これら7つの成分が、手汗を抑えるとともに保湿や美肌、肌荒れを防いでくれるようです。

では一つずつ見ていきましょう!

ツボクサエキス

ツボクサエキスの由来は昔は一般家庭にも普通に生えている野草でした。

庭先に生えることから坪草(ツボクサ)と言われるようになったようです。

ツボクサは古くからキズや火傷の治療に用いられてきたハーブの一種。

最近では、

•抗酸化作用
•抗シワ・抗老化作用
•皮膚細胞の再生促進作用
•抗炎症作用

などがあると言われ、多くの化粧品に配合されているポピュラーな成分のひとつです。

また、肌の水分量を増やしふっくらと肌にすることから、リップクリームにも配合されています。

ツボクサエキスの安全性は?

ツボクサエキスの安全性においては、古くからあらゆる分野で使用実績があり皮膚刺激などの副作用もほとんどなく、安全性には問題ないと言われています。

また、化粧品に配合されるツボクサは「外原規2006」の基準を満たしたものが収穫されているので、これも安全に繋がると思います。

オウゴンエキス

オウゴンエキスは薬草系の種類で、呼吸器・消化器・泌尿器などの抗炎症作用の薬として漢方薬などで使われています。

化粧品においては

•抗アレルギー作用
•抗菌作用
•収れん作用
•保湿作用

これらの効果が期待できると言われ、日焼け止めクリームやクレンジングにも配合されることがあります。

オウゴンエキスの安全性は?

オウゴンエキスは漢方薬として服用されてい汎用性もあり、肌への刺激もほとんどなく、光毒性や光感作性の報告もないので、安全な成分と言えます。

このオウゴンエキスもツボクサ同様に、基準を満たした成分が収穫されているので、安心して使えると思います。

イタドリエキス

ダテ科植物のイタドリの根茎より取り出されたエキスになります。

止血作用や負傷した場合に患部に染み込ませると痛さが薄れるという理由から「痛取」と称しこのように呼ばれるようになりました。

・抗酸化効果
・肌トラブル改善効果
・肌バリア機能向上
・保湿効果
・収れん効果

このような作用があると言われています。

お肌全般のトラブルに効果があるので、この成分も多くのスキンケア商品に配合されている成分のひとつです。

イタドリエキスの安全性は?

無添加のベビーローションなどにおいても含有されている、イタドリ根エキス。

今のところ、イタドリ根エキスにより副作用やアレルギーが発生したといった報告はあまり見られません。

これに伴い、敏感肌の方でも安心して使える成分だと思います。

ただし、体質によってはアレルギー反応が出る場合もあるので、心配な方はパッチテストを実施してから使うようにして下さい。

カキタンニン

柿に含まれるタンニンの量は、ワインの約20倍。緑茶の約70倍だとのことです。

これらの柿タンニンですが、どんなような効き目があるのでしょう。

・消臭
・殺菌
・抗酸化作用
・美白
・毛穴の引き締め

これらの効果があると言われています。

雑菌の繁殖は手のニオイの原因になったり、毛穴を引き締める収れん作用もあるので有効成分とダブルで手汗を抑えてくれる効果が期待できます。

カキタンニンの安全性は?

カキタンニンの原料は柿。つまり元をたどれば食べ物なので、安全性は大丈夫だと思います。

サプリメントなどで体に摂り入れる場合は「便秘」などの副作用があるようですが、スキンケア商品なのでそこまで気にする必要はありません。

チャ葉エキス

チャ葉エキスは飲料水にも配合され、お茶の苦味はカフェイン、渋味はカテキン、旨味はテアニンに起因し、まろやかな味を演出してくれるエキスです。

化粧品の場合は

•消炎作用
•抗酸化作用
•抗菌作用
•収れん作用

これらの作用があり、毛穴ケア商品やニキビケア商品、敏感肌用のスキンケア商品にも配合されています。

チャ葉エキスの安全性は?

チャ葉エキスの安全性については、古くから飲料としても用いられているため安全と言えます。

ただし、茶エキスにはカフェインが含まれているので、このカフェインにアレルギー反応を起こす可能性も否定できません

でも、化粧品には配合されている場合はごく少量なので、敏感になることはないのではと思います。

カンゾウエキス

カンゾウエキスは、マメ科植物カンゾウ(甘草)の根や茎から抽出したエキスです。

グリチルリチン酸をたくさん包含しているので強力な消炎作用があって、肌トラブル予防・にきび予防であったり好転といったことを目的としたたくさんのコスメに含まれている活用回数の多い成分になります。

何も紫外線UV-B波を浴びたヒリヒリ赤くなる炎症の防止機能に抜群です。

さらに、カンゾウエキスについてはコウジ酸に負けず劣らずの美白効果が解明されたフラボノイド成分であるグラブリジンも含まれています。

美白実効性があると言えども、グラブリジンについてはでき上がってしまったシミの還元作用は無く、シミのもとであるチロシナーゼ活性の阻害作用や同じ様にシミの根本になってしまう成分の阻害効果でのメラニン抑制作用となると考えられます。

カンゾウエキスの安全性は?

活用実績も昔からありますので、安全性はとても高く、副作用の不安はないかと思われます。

抗炎症作用もありますので敏感肌またはアトピー肌の方も安心して利用可能な成分になります。

天然ビタミンE

ビタミンEは「老化対策ビタミン」といわれているようです。

ビタミンEにおいては、お肌の老化現象、シミやしわが引き起こされる活性酵素を解決する作用があります。

他にも血の巡りを良くすることで、お肌のターンオーバーをアップさせて、代謝サイクルを改善します。

ビタミンEには抗酸化作用があって、お肌の皮脂酸化を防止し、外側からの刺激からお肌を防御するバリア機能を正常化する役割があります。

天然ビタミンEの安全性は?

ビタミンEの現段階での安全性としては、皮膚刺激もほとんどなく重大なアレルギーの報告もないため、安全性の高い成分といえます。

7つの天然エキス成分のまとめ

いかがでしたでしょうか。

テサランには手汗を抑えるだけでなく、女性にとってうれしい成分もたっぷりと配合されています。

副作用の心配もありますが、上記のようによほどの敏感肌やアトピーなどのアレルギーがない限りは安全性は高いと言えます。

ただ、全ての人に副作用が出ないわけではないので、心配な方はパッチテストを実施してから使うことをおすすめします。

 

おすすめ記事

テサランの成分は安全?それとも危険?